MENU
海鮮

50年の歴史が宿る、大阪の誇り。ハマノさんの灰干しにしん

灰干しとは、魚を特殊なフィルムに包み、火山灰の中で魚の水分を取る干物の製法のことです。

この伝統的な製法は、魚の風味を引き出し、鮮度を保ったまま、美味しさを凝縮させます。

低温で10~12時間ほどかけて魚の水分を抜いて、空気に触れることなく乾燥させることにより、魚が酸化せず臭みの少ない干物に仕上がります。

このプロセスは、魚の組織を崩さず、風味を損なわずに水分を均一に抜くことで、素材の持つ旨味や栄養素を最大限に引き出すことができます。

じっくり熟成されるため、身がふっくらと仕上がり、魚本来の旨みを凝縮します。

この熟成過程によって、魚の風味が深まり、食感も一段と豊かになります。

食べるたびに口の中で広がる深い味わいは、灰干しの真髄を味わうことができるのです。

大阪岸和田市で50年以上灰干しを製造されているハマノさんが手がけており、品質・味ともに間違いない商品です。

彼らの長年の経験と熟練した技術が、一貫した高品質な灰干しを生み出しています。

そのため、安心して食卓に並べることができ、その美味しさには定評があります。

数に限りがありますので、お早めにご購入ください。1尾、250円です。